言の葉研究所 言葉ひとつひとつを大切にしていきたいです
  • 生き物を可愛がり、決して欲張らない

    scissors
    10月 5th, 2014usernocategory

    昔、絵本で読んだ「舌切り雀」。意味は解らなかったが、舌を切られる雀が可哀そうだった。

    そして、欲張りばあさんが持って帰ったつづらに、お化けがいっぱい入っている絵が怖かった。

    小さかった私の心に、その様子が刻み込まれていたのだろう。

    幼い子供にいくら説明をしても分からないから、昔の人は、深い人生感をおとぎ話として伝えた。

    母が死んだ時、父は私にお金をくれなかった。
    妹ふたりは、数百万円の生命保険金をもらったけれ
    ど、「受取人が妹になっているのだから仕方ない」と気にしなかった。


    父が死んで、妹達が争いを始めた。
    お金のために、音信が絶えるほど憎しみ合うのはおかしいと思ったけれど、お金は人の性格を変えるそうだ。

    「財産5千万円のうち2千万円貰った人」と「3千万円のうち1800万円貰った人」を比べると、
    2千万円も手にした人の方が、「納得できない!」と文句を言うらしい。

    私はいつも、「貰えるのだから、ありがたい」と思ってきた。

    それが「小さい方のつづらを受け取る」ということなのだと、この歳になってやっと分かってきた。

Comments are closed.